<< Nソウルタワー・韓国ソウル1日目 | main | 又来屋・韓国ソウル2日目 >>

干し鱈のスープ・韓国ソウル2日目

結晶 この記事は...
「初・韓国ソウル旅行備忘録」として日付をさかのぼって書いております。
(更新日'11/3/2)



韓国ソウル旅行2日目の朝食兼昼食は、1968年創業のプゴクッ専門店。

『 ムギョドンプゴクッチプ 』 を訪れました。

※ 「プゴクッ」とは、干し鱈のスープのこと
※ 「プゴクッ」とか「プゴクク」と発音するそうです。



干し鱈)看板
【 ムギョドンプゴクッチプ 】

1968年から営業を続けているプゴクッ専門店。
冷凍ではないスケソウダラを干して乾燥させた香ばしいプゴクッを作っている。

メニューは、プゴクッのみ。
席に着くとオーダーなしで料理が運ばれてくる。

このスープの味に惚れ込んだ客がランチタイムともなると長い行列をなす。
朝から夕方まで多くの客が引きも切らず訪れる。

以上、ソウルおいしい店220軒より抜粋



干し鱈)外観
【 ムギョドンプゴクッチプの外観 】

住所 : 中区茶洞173
営業時間 : 7:00 〜 20:00 (週末、祝日は17:00まで!)
定休日 : 旧正月

半間ほどの非常に狭い入り口
ドアを開けると、店内は香ばしい鱈スープの香りでいっぱい スープ


干し鱈)付け合わせ
【 ご飯と付け合わせのキムチなど 】

席に着くと...
ご飯と水キムチ、ごま油とネギで和えたアミの塩辛(ご飯のおかず)が登場 ちゅん

水キムチは、甘めの冷たいスープが口直しにGood 手
ごま油とネギで和えたアミの塩辛は、
ご飯が何杯でも食べれちゃうくらい食欲をそそります 手

テーブルにハメ込まれた銀色の容器の中に、3種類のキムチが入っています。
それとは別に小さな丸い蓋付きの容器には、アミの塩辛が入っています。

席に着くと、水と一緒に白いお皿を1枚持ってきてくれるので、
それに食べたいだけキムチを盛りつけ食べます 顔

テーブルに用意されたアミの塩辛は、スープに入れて楽しみます ♪


干し鱈のスープ
【 名物プゴクッ(干し鱈のスープ) 】

来ました 顔文字 コレ↑が、
1度食べたら忘れられない味と言われている名物‘干し鱈のスープ’です ランチ

柔らかく煮込んだ干し鱈と豆腐、溶き卵、ネギが入っています。
とても優しい味 ちゅん

朝ご飯に最適な1品です kyu


干し鱈)テーブルの上
【 テーブルの上の様子 】

しかも、このお店 ひらめき

メニューは「プゴクッ」6,000ウォン
1種類のみ びっくり
日本円にして...約450円(※1000ウォン=74円で計算!)

そしてなんと びっくり
こんなに安いにもかかわらず、
このテーブルの上に乗っているモノすべてが食べ放題なんです びっくり

スゴイでしょ びっくり
キムチとかだけじゃないんですよ びっくり

メインのスープも飲み放題ですよぉ ゆう★


干し鱈)店内
【 店 内 の 様 子 】

おおいそがしの店内 汗汗汗

お客さんは荷物を置くスペースも無ければ、
コートを脱ぐことも出来ず、ひしめき合って相席なのですが...

もう美味しいからそんなことは、まったく気にならない ぴのこ:)ぴのこ:)ぴのこ:)

味で勝負のプゴクッ専門店でした 手

次回のソウル韓国 旅行でも、
滞在中に絶対1度は訪れたいお店です ちゅん



posted by: むすむす | Seoul | 11:00 | comments(0) | - |
コメント