<< 奥さまは魔女! | main | 再開! >>

キャットウーマン

結晶 この記事は...日付をさかのぼって書いております。
                              (更新日:'07/1/29)


今日は...キャットウーマンを観ました 映画

おとうちゃんは興味が無いと言うので...独りで観ました テレビジョン

  
   ≪ キャットウーマン (CATWOMAN) ≫

     ――― すべての女には野生の猫が棲む。―――

  
監督 : ピトフ (PITOF)
主演 : ハル・ベリー (HALLE BERRY)
     シャロン・ストーン (SHARON STONE)
制作 : 2004 ・ 米
本編時間 : 106分
ジャンル : 洋画 / アクション


星 解説 星

名作コミック 「 バットマン 」 の人気キャラクター “ キャットウーマン ”
を主人公にした スピン・オフ 作品。

“ キャットウーマン ” として生まれ変わった闇のヒロインが...
巨大企業の陰謀に立ち向かう姿を描くファンタジー・アクション。

監督は 『 ヴィドック 』の ピトフ。
出演は 『 007/ダイ・アナザー・デイ 』 の ハル・ベリー と
      『 氷の微笑 』 の シャロン・ストーン。

  
猫 ストーリー 猫

巨大な化粧品会社ヘデア社でグラフィック・デザイナーとして働いていた
ペイシェンスは、内気で極端に控えめな性格のため、自分を主張できず
冴えない毎日を送っていた。

そんなある日...
彼女は、ヘデア社が恐ろしい副作用のある商品を、その事実を隠したまま
発売しようとしていることを知り口封じのために抹殺される。

しかし、死を迎えようとしたその瞬間...
彼女の中に超人的な猫の能力が芽生え “ キャットウーマン ” として
生まれ変わったのだった...。

さあ、彼女は...
自分を殺したヘデア社に復讐するのか おや?
正義の味方となってヘデア社の悪を暴くのか おや?

  
映画の内容としては...そんなに面白い作品ではないです プシュー

が... ‘猫好き’ としては一応抑えておくべき作品として観ました ひらめき

お金を払ってまで劇場に観に行くような作品ではないですね プシュー

可愛らしい猫ちゃんが出てくるシーンがたくさんあったので...
まぁ、薄っぺらい中身でしたが...
猫ちゃんたちに免じて...面白かったということにします パクッ


posted by: むすむす | Movie | 23:23 | comments(0) | - |
コメント